RaspbianでLVM

いきさつ

RaspbianでTime Machineを構築するのに、複数のHDDをひとつのボリュームとして使いたい。

調べてみたところLVMを使えば実現できるみたいなので、やってみた。

環境

インストール

lvm2をインストール。

$ sudo apt-get install lvm2

セットアップ

初期化

$ sudo pvcreate /dev/sda1
$ sudo pvcreate /dev/sdb1

ボリュームグループを「tmlvm」で作成

$ sudo vgcreate tmlvm /dev/sda1 /dev/sdb1

論理ボリュームを作成

-L 作成するボリュームサイズ
-n 論理ボリューム名 ボリュームグループ名

$ sudo lvcreate -L 3.6TB -n lvm1 tmlvm

ここで、LVMの稼働状況を確認

$ sudo lvscan

  ACTIVE            '/dev/tmlvm/lvm1' [3.60 TiB] inherit

ext4 ファイルシステムを作成

$ sudo mke2fs -t ext4 /dev/tmlvm/lvm1

マウントポイントを作って、マウント

$ sudo mkdir /media/tm
$ sudo mount /dev/tmlvm/lvm1 /media/tm

アクセス権の変更

このままだとroot権限になっていて、リモートからアクセスしても読み書きできないため、変更します。

sudo chown <username>:<username> /media/tm

LVM情報の取得

論理ボリューム情報の表示

$ sudo lvdisplay

  --- Logical volume ---
  LV Path                /dev/tmlvm/lvm1
  LV Name                lvm1
  VG Name                tmlvm
  LV UUID                xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
  LV Write Access        read/write
  LV Creation host, time xxxx.local, 2019-06-26 21:15:06 +0900
  LV Status              available
  # open                 1
  LV Size                3.60 TiB
  Current LE             943719
  Segments               2
  Allocation             inherit
  Read ahead sectors     auto
  - currently set to     256
  Block device           254:0

物理ポリューム情報の表示

$ sudo pvdisplay

  --- Physical volume ---
  PV Name               /dev/sda1
  VG Name               tmlvm
  PV Size               1.82 TiB / not usable 4.07 MiB
  Allocatable           yes (but full)
  PE Size               4.00 MiB
  Total PE              476931
  Free PE               0
  Allocated PE          476931
  PV UUID               xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
   
  --- Physical volume ---
  PV Name               /dev/sdb1
  VG Name               tmlvm
  PV Size               1.82 TiB / not usable 4.07 MiB
  Allocatable           yes 
  PE Size               4.00 MiB
  Total PE              476931
  Free PE               10143
  Allocated PE          466788
  PV UUID               xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

fdiskで見たときの情報

$ sudo fdisk -l

Disk /dev/sda: 1.8 TiB, 2000398934016 bytes, 3907029168 sectors
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disklabel type: gpt
Disk identifier: xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

Device     Start        End    Sectors  Size Type
/dev/sda1   2048 3907029134 3907027087  1.8T Linux LVM


Disk /dev/sdb: 1.8 TiB, 2000398934016 bytes, 3907029168 sectors
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disklabel type: gpt
Disk identifier: xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

Device     Start        End    Sectors  Size Type
/dev/sdb1   2048 3907029134 3907027087  1.8T Linux LVM


Disk /dev/mapper/tmlvm-lvm1: 3.6 TiB, 3958244376576 bytes, 7730946048 sectors
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes

自動マウントの設定

fstabを編集して、起動時に自動マウントするように。

指定するパーティションは、UUIDで指定すればディスクの構成が変わっても正常にマウントされます。
このときのUUIDは、論理ボリュームのもので。

$ sudo nano /etc/fstab

UUID="xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx"     /media/tm       ext4    defaults,user_xattr,usrquota    0       2

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。