OBSって、気難しいヤツ

いきさつ

友人とYouTubeでラジオをしよう、ということに。

ちょっと前から遊びでOBSを使った配信をやっていたので、その環境で。

ちなみに、OBS(Open Broadcaster Software)とは、オープンソースの配信用ソフト。

これがなかなか優秀で、ビデオスイッチャーやクロマキー、音声のミキサーなど、配信に必要なものはほぼソフトウェアで実装されてます。

ただ、Mac上のOBSは重い…

うちで遊んでいるのは、Mac mini(late 2012)だけ。
これをうまく使って配信できないかと、やってみました。

このMac mini、遊んでいるといってもTime Machineサーバーとしては稼働しているので、配信専用にするわけにはいかない。

それぢゃあ、仮想環境ではどうだろうかと、VMware Fusionの出番。

持っているバージョンは、8.5.10。
最新版は11。
macOS Mojaveで使っていて不具合ないので、そのまんま(笑)

ちなみに、Mac miniの操作はMacBook ProからVNCを使って、全てリモートで行いました。

macOSに標準で入っている「画面共有」だとキー入力が不安定だったので、RealVNCを使いました。

セットアップ

VMware Fusionに、Ubuntuをインストールします。

ダウンロードしたバージョンは、Ubuntu 18.04.2 LTS。
ダウンロードは、こちらから。

ISOイメージをダウンロード。

ダウンロードしたISOイメージを使って、仮想環境上にUbuntuをインストールします。

インストールは、いわれるがままに進めればOK。

このままだと、ドライバなどがインストールされていません。
そのため、ディスプレイの解像度が小さく、表示がはみ出た状態でセットアップすることになりますが、何とかなります(笑)

Ubuntuのインストールが終わったら、VMware Toolsをインストールします。
手順は、こちらを参照。

sudo apt-get install open-vm-tools
sudo apt-get install open-vm-tools-desktop

webブラウザは、Firefoxが最初にインストールされてますが常用していないので、chromeをインストール。

ここからダウンロード。

「64ビット .deb (Debian/Ubuntu用)」を選択し、「同意してインストール」をクリックすればOK。

ffmegをインストール。

sudo apt-get update
sudo apt-get install ffmpeg

OBSをインストール。
手順は、こちらを参考にしました。

sudo add-apt-repository ppa:obsproject/obs-studio
sudo apt-get update
sudo apt-get install obs-studio

音声再生用のプレーヤーをインストール。
今回はClementineを。
手順は、こちらを参考に。

sudo apt-get update
sudo apt-get install clementine

このプレーヤーを選んだのは、ビジュアライザが色々あるみたいだったので。

これで、今回の配信に必要なソフトが揃いました。

インストールが終わった状態。
プレーヤー選びで紆余曲折あったので、必要ないソフトも入ってます。

配信の準備

配信に必要なソフトを起動させていきます。

安定させるためには、ソフトを以下の順番で起動させたほうが良いかと。

  1. 音声再生用プレーヤー
  2. 画像ビューアー
  3. OBS

音声再生用プレーヤー

今回使用する音声再生用のプレーヤーはclementineなので、これを起動。

配信用ファイルを読ませ、プレイリストを作成。
プレイリストをリピートにして再生します。

ビジュアライザは、「ツール」→「ビジュアライゼーション」をクリックすると表示されます。

ビジュアライザの種類は、ビジュアライゼーションウインドウ上を右クリックすると選択できます。

OBS

環境設定

OBSの設定は、「自動構成ツール」を使うとカンタン。

この時、YouTubeのストリームキーが必要になります。
ストリームキーは、YouTubeのクリエイターツール内の「ライブストリーミング」画面内にあります。

キーは、マスクされてます。
「表示」ボタンを押すと、表示されます。

このキーは、他の人に知られると勝手に配信することができるようになるので、管理は気をつけましょう。

設定が終わると、コントロール画面が表示されます。

OBSの設定をしていきます。

コントロール画面の右下にある「設定」ボタンをクリック。

「映像」タブ内の「出力(スケーリング)解像度」が、YouTubeに送出される映像の解像度になります。

HDで送出するなら、1280×720以上にしましょう。

エンコーダー関係の設定は、「出力」タブにあります。

この辺の設定は、試行錯誤しながら詰めていく。

コンテンツの設定

今回の配信は、以下の内容で構成します。

  • 音声
  • ビジュアライザ
  • 曲情報
音声

音声は、Ubuntuの音声を丸ごとOBSに入れます。

設定の「音声」タブにある「デスクトップ音声デバイス」を、「Default」に。

音量は、コントール画面下部にあるミキサーのスライダーで調整。

ビジュアライザ

clementineのビジュアライザを配信画面に入れます。

コントロール画面下部の「ソース」にある「+」をクリック。

「ウインドウキャプチャ(Xcomposite)」を選択。

名前をつけてOKをクリック。

「ウインドウ」から「clementine ビジュアライゼーション」を選択してOK。
これで、配信画面にビジュアライザが配置されます。

曲情報

配信画面に曲情報を差し込みたいので、clementineの表示から頂きます。

clementineのウインドウの下の方に曲情報が表示されているので、ここを使います。

手順としては、ビジュアライザと同じ。
違うのは、選択するウインドウ。
今回は、「sketch audio – Shadow」っていうのを選ぶとキャプチャされました。

このままだとclementineのウインドウ全てが配信画面に入ってしまうので、クロップします。

ソースを選択すると、その要素が配信画面で赤枠で選択されます。

Mac上のVNCでは、コマンドキーを押しながら赤枠をドラッグすると、クロップされます。

大体のサイズにクロップできたら、赤枠をドラッグしてサイズを変えます。

拡大したりして、キレイにクロップできるように調整しましょう。

このままだと白地でちょっと格好悪いので、クロマキーで抜きます。

クロマキーで抜きたい要素の上で右クリックすると、コンテキストメニューが表示されるので、フィルタを選択。

エフェクトフィルタの下部にある「+」ボタンを押して、クロマキーを選択。

名前を適当に付けると、追加されます。
右下で、設定していきます。

抜きたい色を指定します。

いい感じになるように、色やパラメーターを調整します。

あとは、要素をドラッグして配置していきます。

配信開始

コントロール画面の右下にある「配信開始」をクリックすると、YouTubeへ送出が始まります。

問題なく送出されると、YouTubeのクリエイターツールで状態を確認できるようになります。

まとめ

音声

Mac版OBSだとSoundflowerLadioCastを使って音声をルーティングしないといけませんが、Ubuntuの場合はその辺が簡単にできました。

ただ、Ubuntuの音が全てYouTubeに出ていくので、果たしてこれが正解なのかは分かりません(笑)

ちゃんとしたやり方がある気もします。

映像

内部完結させるのであれば、それほど苦労しないと思います。

外部入力させようとすると、ちょっと大変かも。
スマホアプリのOBS Cameraを使えば、イケるかな?

システム負荷

Ubuntuの負荷は、こんな感じ。

Mac版OBSと比べると、随分負荷が軽い。
Mac版はオーバーヘッドが大きいのかもしれない。

Mac miniの負荷はこんな感じ。

仮想環境でUbuntuが動いている割には、それほど負荷がかかっていないみたい。

しばらくは、この環境で試してみます。

もし安定しているようなら、古いMacBookが転がっているので、それにUbuntuを入れてみようかと思ってます。

この環境でライブしているのはこちら。
https://www.youtube.com/user/55bd15/live

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。