ハンドルが太いとラクって、ほんと?

というのを伺ったので、半信半疑で試してみることに。

アップガレージに行ったら、中古のハンドルカバーがカゴに入って叩き売り。

やったー👍🏻

駐車場で四苦八苦しながら取り付け💦

運転してみたら、めっちゃラク(笑)

しかーし!

カバーの隙間が気になる…

ということで、縫うことにしましたっ!

こちら、ハンドルカバーをつけただけの状態。

車についていては縫いにくいので、とっぱすしました。

普通の縫い針でトライしたのですが、歯が立たない…

とにかく生地が硬い。

合皮だから、当たり前ですね。

こんなのを持っていることを思い出し、トライ。

Speedy Stitcher」というアイテムで、革などの硬い生地を縫う道具。

多分、20年くらい前に通販で買った記憶が。
通販生活かなぁ…

ハンドルにロウ糸のボビンが入っていて、糸を繰り出しながら縫えます。

まず、縫う長さより10cmくらい長く糸を出して、生地に通します。

2針目を刺して、少し戻すと輪っかができるので、生地に通した糸を通します。

この時、針の裏側(針に糸を通した向こう側?)に糸を通すのがポイント。

これが分からず、しばらく悩んでしまった💦

すると、こんな感じで糸が絡まります。

ミシンと同じ仕組みですね。

これを延々と続けると、縫えるという仕組み。

糸調子は、糸の引っ張り具合で調整します。

大雑把な性格なので、縫い目がメチャクチャなのはご愛嬌(笑)

ということで、完成っ!

今回覚えたことは、縫い目が目立つ方を利き手側にして縫うと、縫い目がある程度揃って見えるということ。

裏側はヒドイ状態。

生地同士が離れていので、針の刺す位置がズレズレ。

車に取り付けたところ。

ビジュアルはイマイチだけど、実用性はupしてるのでヨシとします。

革巻きハンドルが高いのは、仕方ないですね。
手間かかってますから…

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。