Raspbianでサンバ

いきさつ

と言っても、踊るわけぢゃありません(笑)
sambaは、Windows系のプロトコル。

macOSからだけアクセスできるのが不便なシチュエーションがありそうなので、Raspberry Piにsambaをインストールしました。

インストール

$ sudo apt-get install samba

インストール確認

$ smbd -V

Version 4.5.16-Debian

設定

$ sudo vi /etc/samba/smb.conf

[global]

   unix charset = UTF-8
   dos charset = CP932

[raspbian]
   path = /media/tm
   writable = yes
   guest ok = no
   read only = no
   fruit:time machine = yes

上記を追加。

[raspbian]セクションを追加すると、共有ポイントとして見えます。
名前は、他のセクションと重複しなければ、なんでも大丈夫だと思う。

パスワード設定

sudo smbpasswd -a <username>

ログインユーザー名を<username>に。

設定の有効化

$ sudo systemctl restart smbd

sambaを再起動

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。