ワイパーを間欠に

ヤフオクで、アルトのコンビネーションスイッチ(37400-70F13)を落札。

キャリイ(DC51T)に取り付けて使ってますが、間欠ワイパーの時間を調整できないのは不便。

調べると、ボリュームを付ければ調整できるみたい。

分かったらやらないと。

いきなりですが、コンビネーションスイッチ裏側のここをいぢります。

ボリュームは、100kΩのBカーブを。

これに5.1kΩと10kΩの抵抗を直列に入れる。
この抵抗、一番時間を短くした時のタイミングを決めるもの。

抵抗値を小さくすれば短い時間で動くようになるけど、これくらいが限界かも。

R1のチップ抵抗を外します。

ボリュームからの配線を、赤丸の部分に半田付け。

コラムカバーにボリュームを取り付け。

配線の向きによって、ボリュームの効く方向が変わるので、そこはお好みで。

この辺でコネクタ接続にしておくと、インパネを弄るときに便利です。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。